下衆なマニヤの有神論

小説を書き続け(途中絶筆したが)十云年、自分の力が如何程のものか試したい。

【創作・小説】ムーンライトノベルズ投稿小説更新(14)

  • ※18歳以下閲覧禁止  【BL】潔癖症の俺がアイツにアナルを許すまで<第14話> 濁流 
  • UPしました。今回間が開いたなぁ。特に、お盆だからとかそういう理由は一切なんじゃけど。ただ、まとめて書く時間が無かっただけです。
  • 引き続き頑張って書いていきます。っつーか、ファミレスに行ければ一発なんじゃけどなー。

昨日は五山の送り火を、知人の設置した特設会場から見た。五山全部見れました。ヒャッホー!
総勢100人いないくらいかな?知人と見ながら「あれ熱いやろなぁ」とか適当な話をしていたんだが、同じようにあれを見ている人の中には、真剣に先祖を見送っている人もおるやろうね、という話になり
「おじいちゃん、また来年ねー」とか言って子供が無邪気にしてたりするんやないか?と言っていたらかなりしんみりしてもうた。
人や状況によって、いろんな事の受け止め方は全然違うよなぁ。

自分はとにかく「昨年みたいな豪雨で全てがクソに流れんでよかった」という気持ちだけじゃった。

【日常】指が治らん

小指の腱が切れたのがいつだったか、とんと思い出せぬ。

装具を着けて補助をするのが当たり前になり

いつしかたまに襲ってくる痛み以外で不具合を感じることは無くなった。

すでに装具も、自身の体の一部になったような気さえする。

考えてみれば、自分はずっと装具を付けていたのかもしれないとふと思う。

自分の人生に、装具という名の補助を付けてはいまいか。

自身の足でしっかりと地を踏み、本当に自身の意志で立っているのであろうか。



立っとるわボケがーーーーーー!!!
嫌でも立っとるわーーーーーーーー!!
毎日往復三時間かけて職場行っとんねんこっちは!!!生半可な気持ちで生きておれんわボケーーーーー!!!
くそみてーーーーな自問自答すんじゃねーー自分!!!

……と、今日新調された装具を見ながら思うのでした。

【趣味】HEDWIG AND THE ANGRY INCH【舞台】

f:id:tora_kaibuntei:20170723031739j:plain

www.hedwig2017.jp

 

いやー、もう興奮が止まらねぇっす。

自分の大好きな映画(舞台)「HEDEIG AND THE ANGRY INCH」の舞台公演があるんだが、なんと原作者のジョン・キャメロン・ミッチェルが主人公のヘドウィグを演じます!!!

 

 

うううううおおぉぉぉおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

ヘドウィグ公開時には、渋谷へ映画を観に行き、そっからハマって巨大なポスターを部屋に貼っておりました。

10年前の山本耕史主演の舞台も見ました。見た感想としては、良かったんだが「ムキムキ……ヘドウィグがムキムキ……」というイメージがついてまわってしまい

あの、線が細めだけどやや筋肉質な(女性らしさも追及しきれない、中間の姿)ヘドウィグのイメージがあったため非常に苦しんだ(笑)。

でもとても良かったので舞台のTシャツ買った。

 

 

 

 

っつーことで「絶対見たい!」「こんだけ愛しとんのに自分が見れないはずがない!」

という謎の自信で先行を取った結果、なんと全日程購入できた!!!!

15日の1公演だけ先行で外れたので、2次先行で買ったらひっでぇ席だったけど、まぁよし!

 

 

もう、10月までテンション高めで生きていける。

ふひひ

【創作・小説】ムーンライトノベルズ投稿小説更新(8)

小説家になろう系列 18禁投稿サイトムーンライトノベルズに投稿している

潔癖症の俺がアイツにアナルを許すまで」を更新しました。

 

 

 

 

奇しくも、昨日潔癖の話を書いてしまったので、主人公に自己投影型かと思われたらイヤなので書いておきますが、創作に一切の自己投影はありません。

 

しょせん自分なぞ、食に対してだけ潔癖を発症するゲスい、さもしい、品性の下劣な、意地汚い(国語辞典より)人間なだけなので、全く小説とは関係がありません。

吊り革も平気で持ちます。

※吊り革を持つ時は、その間一切のものを飲まない、食べないを貫く覚悟の時です。

 

 

はー、創作は楽しい。

時間が欲しい。

【日常】潔癖の度合い

f:id:tora_kaibuntei:20170720115152j:plain
<参考資料;Twitterで話題になった潔癖性を殺す画像>

先日友人と香港に行ってきたわけだが、そこで友人に、自分(虎太郎)が「潔癖性」であると指摘をされた。

自分では気づかず普通にやっていた事だったが、今回指摘されたことがいくつかある。

①手を消毒
ものを食べる前にかならず抗菌ウェットティッシュか、ジェルで手を除菌する。
日本から持って行くわけだが、なぜなら海外はレストランでもなんでも、日本みたいにおしぼりなどがサービスでは出ないのだ。
これに関しては、友人も当然のように持参しているものなので、自分だけの話しではないが
くせになり日本でも普通に持ち歩いて事あるごとに手を拭いている。

②コンビニおにぎり
ぱっさぱさの香港のコンビニおにぎり。正直旨くはない。
包装は日本語であるため、特許?だかなんだかは日本なんだと思う。
ホテルでそれを食べようとしていたところ、友人に「どうして引っ張り出さないのか」と指摘をされた。
「あー、これはね。外装を誰が触っとんのか分からんから」と答えたところ「意味わからん」と言われた。
自分がどうやって食べてるかと言うと
 1.普通に真ん中のテープ?をぴーっと引っ張って、左右にフィルムが引っ張れる状態にします。
 2.どちらかを引っ張ります。のりとご飯が密着しますね。
 で、引っ張り出したフィルムを上下逆にして、先ほど海苔とご飯を露出させた部分にカポッと戻します。
 3.反対側もそうします。
 すると持ち手になります!!!じゃじゃーん!!!
一度も素手で持たなくてすんで、手もきれいだし誰が触ったか分からん汚染されたフィルムで感染した自分の手でおにぎりを触れないですむのは非常にありがたいです。←言い過ぎ

っつーことを、自然にやっていたんだが友人には理解されず。

③缶を洗う
今回の旅で缶コーラを買ったんだが、ホテルで飲む前に飲み口を洗っていたら指摘された。
「いや、だって誰が飲み口触ってるか(略)」
と言ったら「マジでそんなん考えてんの!?」と言われた。いや、マジやろ。
これは、親の影響がデカい。母親がそういう人だったからだ。……っつーことに気づいたいい機会だった。
ちなみに出先だった場合は抗菌ティッシュで拭きます。

④ファストフード系ドリンクの持ち歩き
今回無意識すぎて初めて友人に指摘されて発覚したのが、いわゆるスタバやマックなどの持ち歩きカップの「持ち歩き状態」に関してだ。
カップにふたが付き、そこにストローが刺さっているわけだが、そのストローを人混みで露出するのが無意識下でイヤだったらしく
蛇腹になっていたらぐいっと折り返して、ストロー差し込み口に逆につっこむ(U字になる)。ストレートのストローでも、無理矢理折り返して逆につっこむ。
で、のみたい時にはそれを引き出して飲んで、また仕舞う。
友人に「なにそれ」と言われて初めて気づいた。何やっとんやろう、と考えたら理由はそういうことだった。


⑤……で、思い出した「潔癖性を殺す画像」。
昨年かな?Twitterで話題になった、冒頭に貼った「潔癖症を殺す画像」だが、これを友人に見せたら「何がだめなのかわからん」との返事。
いやいやいやいやいやいや!!!これは、無いやろ!!!!!!
だって誰が触ってるかわか(略)
つーたら、やっぱり「はぁ、わからん」と言われた。
すげぇ、人の認識の違いってすげぇ。




!!!<一方で>!!!
①ホテルで寝るときは基本全裸

ぜんら。ぱんつははく。

②部屋が汚い

きたない

③さぼったリング

でてからそうじする





っつーことで、自分は完全に「食べることだけにやたら潔癖を発症]
という 意 地 汚 い だけの人間でした。

あちきみてぇな意地汚ねぇ奴は、潔癖性と言うには潔癖症の人に申し訳ねぇでゲスよフヒヒヒという気持ち。

みなさんも自分では気づいていない、当たり前と思っていることが意外と潔癖かもしれませんよ。お気をつけください。

【日常】熱中しすぎた

熱中症発症。

病院に行くまでもなく毎度の症状が出てきてしまい、仕事の休みも一日中動く事ができず寝て居た。

まず、凄まじいダラダラと続く頭痛と、吐き気と、内臓のダルさと眠気(だが暑くて寝れない)

決定的なのはもんのすごい出る目ヤニです。

もんのすごい目ヤニが出てくると「あー今年も熱中症のシーズンきたなぁ」と感じていたんだが、今年は突然やってきた。

 

 

っつーことで多分2年ぶりくらいにクーラーつけた。

負けた気持ちになる。自然に勝てるとは思わないが、ドローくらいまでには持ち込みたかった。←完敗

【趣味】そして香港

f:id:tora_kaibuntei:20170711160200j:plain

度々の香港。趣味で来てます。
行きつけのホテルのフロントデスクのお兄さんとも顔見知りになってしまい
今回は「指どうしたの!?」と聞かれた。
いやー自分のミスでケガしちゃって……と説明すると、お兄さんが左手を出してきて「僕も中指途中から無いんだよね」と言ってきた。
何があったのか聞いたら、子供の頃何かに(聞き取れず)挟んで怪我したら、病院でハサミで切らなきゃいけなくなった。と説明してくれた。
お兄さん「チョーイタイダッタ」
自分「HAHAHA!チョーイタイ、ワカル」
お兄さん「ナミダ」
自分「」
ということで、片言の日本語と片言の英語で謎のやりとり。
お兄さんはずっと自分の小指のことをいじってきて
「イタイ?オー……ヤクザ……」
と、自分をヤクザ呼ばわりしてきた。
「アイムノット ヤクザ!」
「Really?」
「Mmm……アクシュアリー サムタイム ヤクザ」

ビャーッハッハッハ!!!


という大爆笑をもらい、入室。

予約していたはずの禁煙じゃなくて喫煙室だったのはもうご愛嬌だ。「頑張ってしゅっしゅしました」と言われたら許さざるを得ない。


やっぱりおもろい香港。