下衆なマニヤの有神論

小説を書き続け(途中絶筆したが)十云年、自分の力が如何程のものか試したい。

【日常】【創作・小説】筆が止まる

最近小説のことばっかり書いてんな。
プライベートで何もしとらんのかと言うとそうでもなく、
Dに行ったり小さな花の展示会みたいなのを見に行ったり
実家に帰ったりそこそこしてるんだが、あんまり報告するような事も無い……。ブフー!

あー……。実家の犬がそろそろやばい……。悲しすぎるな、やめとこう。


実家に帰省で思い出したが。
先日新幹線のぞみ内で、悲しい(腹立たしい)事件が起きた。
自分も十九時以降ののぞみはアホのように利用するので、もしその場にいたらと思うと恐怖が過ぎる。
前には、焼身自殺をした人もいた。
新幹線は無事故でいままで運行してきているけど、それに水を差すような事件が発生するのは
単純に考えても恐ろしいし、また新幹線に関わる方から考えても悔しい事だと思う。

あーいう頭のおかしい犯罪者が乗るのを、どうやって防ぐかなぁ。
飛行機よりも気軽に乗れることが新幹線の利点の一つだとも思うんだが。
いろいろ、自分なりに考えてみたい。







そして自分の近況としては、小説の執筆があるが完全に筆が止まった。
内容を面白いのではないかと思っても、それが「読者」にとって面白いのか考えると、面白いと思えなくなる。
自分が楽しいと思えるものを書くのが一番なのは分かっているが、読者の存在がチラつくと完全に書けない。

うー。とりあえず現在はインプットの時期と思ってがんばります。

【創作・小説】難しいのう

先日完結した一作を検索除外(?)の非公開にしました。

理由としては、ほとんど読まれていないので、現状ブックマークして下さってるお得意様だけを相手に公開でいいかと判断したからです。


連載中は、他人(皆さん)に読まれる事の利点が大きく書いていても楽しかったんだが、完結後は全く利点を感じられない。
とりあえず、公募作品が出来上がってまた気持ちがネット連載に向くまで一旦ムーンライトノベルズでは非公開にしておきます。

次に会うときまでアデュー。
※このサイトの直リンクは稼働しています





ということで、公募作品を必死に書いているわけだが
書き直してたらシリアス度合いが突き抜けてもうて、これはあかん。
もっとライトに読める感じのおもしろ可笑しいのを目指してたのに、ぜんぜん軽くない。
これは……もうBLとかやめて、ブロマンス的な感じでいったほうがいいんだろうか。わからん。
わからーーーーん!!!!!!

とにかく書くぜーーーーー!!!!!

【趣味】音楽(ディスり)

有線で耳にする度、体の中がゾクゾクと慄いてその場を去る、又はイヤホンを装着するという事をしないとその場に居られない曲がある。

曲調も、歌声も、ラップ?みたいな感じも甘ったれた内容もマジで気色悪くて勘弁と思っているんだが

それが人気だから流れ続けているわけで、おそらく(間違いなく)支持されているのだろう。

 

 

なんでこんなの書いてるかと言うと、食事中にかかってきて、イヤフォンも無かったので聴くしかなかったという悲しい出来事がある。

初めて最後まで、拷問のように自分の蝸牛を苛め抜いて聴いたわけだが、もう鳥肌もすげーわ背筋が寒くなるわ酷い有様です。

 

あたまが空っぽの感じのアイドルの曲や、薄っぺらい歌詞のバンドの曲でも普通に聞けて場合によっちゃ楽しいくらいなのに

件の曲だけは虫唾の走り方が半端ではない。全てが自分と合わないんだろう。

あそこまで「耳にするのも気色悪い」と思える事は滅多にないので、思わず曲名やアーティストを調べてもうた。知らん人だった。

 

あれ、どんな人が好いて聴いてんだろうと思う。

やや想像はついてるんだが。なんかこう……ヤンキー的ななんか?知らんけど。

 

 

でも思いました。

こうやって感情を揺さぶられることがあるのも、無意識に入ってきた情報を「気持ち」で捉えているからだ。

情報を遮断しすぎるのもつまらん毎日だよなと痛感した次第。

現状そんな日々です。

【創作・小説】近況

自分の今住んでいる地元で初めてバスに乗った。地元じゃなけりゃ結構乗るのになー。

そいだら乗り間違えており、逆方向へ向かっているのを見て

「これって××駅に行きますか」と聞いたら行かないと言われた。

「あ、じゃあ次で降ります」とテヘヘと笑い、次で降りようとしたら

運転手が「あ、〇〇で降りた方が一本で行けますよ。ここまでの料金はいらないので」

と言ってくれた。〇〇に着いてめっちゃ頭を下げて出た。

地元がなんとまぁ温かいったらですよ。※おそらくあと数カ月~数年で引っ越すが

 

 

さて小説執筆関係の近況を忘備録兼ねて書きます。

 

書き始めていたNL小説の筆を止める

 ↓

BLの別の話を書き始める

 ↓

書き始めたBLが4万文字ほど出来合ったが

根本の設定変更がふと浮かんでしまい

それが面白そうだったので書き直そうと目論む(←いまここ)

 

どっちが面白いのかわからんけど……とりあえず書けるだけ書こう。

 

 

投稿用として書き溜め始めているわけだが、その投稿先をどうしようかと

様々なレーベルを探ってみたが、いくつか送れそうかな?と思うタイミングの締め切りと

話のジャンル(?)のところが絞れてきた。

なので、実際に本(雑誌)を買おうと思っている。

あーやべー緊張する……買えるかなぁ。

買えたとして、読んでハマるのいやだなぁ(笑)。

以前にも書いたが、自分はハマるとすさまじい勢いでそっちしか見れないため

自分のしないといけないことがそっちのけになる……ため、全てをシャトアウトして生きている。

 

あーこの状況で「小説を書く」ことが基本の娯楽なのに

そこにがっつり初めてのジャンルの「小説を読む」ということになると

やべーわ、もうこれ……戻れない気しかしねぇ(笑)。

 

とりあえず、ちゃきちゃき進めていきたい。

【創作・小説】困ったこまった

こまどり姉妹  cv島木譲二(故)


ということで困っています。
投稿用に小説を書き始めているものの、どこに投稿するか決めていないので
どの方面に、何枚(何文字)書くかの決まっていない。
決まらないと起承転結の配分が出来ないなぁ。

でも、どこに投稿したらえーんかわからん(笑)
そもそも市販されているエロ小説を読んだ事が無かった。これはまずい。
とりあえずネットでDL販売されているものの見本をサラッと読んで傾向を掴もうとしております。
なんとかなるかなぁ。なんとかするか。

【創作・小説】このところの太陽の照りがひどい

久々に実家に帰って農作業したら腕が灼けまくった。最悪じゃ。


さて「ムーンライトノベルズ」にて連載していた小説が完結をしたわけですが
評価がめざましく伸びたということもなく、普通の終わりです(笑)。
そういうもんなんだろうな、自分が書く「文章」や「話」はキャッチーさが足りない。

一方で、感想や、ありがたいことにレビューもいただき
「自分の書いた小説を「人に勧めたい」と思っていただけることのすごさ」というのを噛みしめています。
連載中から応援していただけたり、本当に良い読者様に恵まれたなぁという気持ちでいっぱい。
ありがたやーありがたやー!


んで、先日から書いていたNLの執筆が止まっており、あまり書く気にならんので一旦やめることにしました。てへへ。
どうしてもエロが見えてこない。
しかも、主人公とヒロインに魅力を感じられない……。
男主人公で女の子に惚れられる話しだったんだが、誰をターゲットに書いているのかちょっとぼやけてもうた。

つーことで、雑誌投稿用に練っていた話しの没になった案をちょっと詰めてってBLを書くことにしようと画策中。またBLかいという気持ち。

しかも短編はもう無理じゃ。自分には無理なんじゃ。
そこそこサクッと読める連載、しかもギャグがメインという感じでいきたいけども
やっぱり葛藤やら嫉妬やらぶち込みまくっちゃうんだろうなー自分……(笑)。

創作は楽しいですね。投稿用もちゃんと見直していかんとだめだなー。うぅー。




<追記0:53>
プロットの概ねが超高速で完成!これ、自分至上最速約2時間!また細かく練ってはいくものの、すげーです!
おもしろくなりそうだぜー!(6ヶ月ぶり8度目(適当))
大概、おもしろくなりそうと思っているのは自分だけなんだぜー!
ま、自分がおもしろいと思えなければ書けないからな。とりあえず書いていこう……イソイソ

【創作・小説】「完結・その声は誰にも聴こえない」について

すべて書き終えたテンションで、これは完結後にうPするためハイテンションのまま書いています。
自身の防備録もかねているため「そんなの聞いてない」「知らなきゃよかった」などいろいろあると思いますので、作品そのものだけで楽しんでいただいた方は読まれないほうがいいと思います。

↓以下「【BL】その声は誰にも聴こえない」について見解や裏話や設定を記載









◆話を思いついた瞬間
 「嫌い、嫌いだ、僕はきみのことが大嫌いだ!」
 という言葉と、犯されているシチュエーションが突然沸いてきてからスタートしました。この、初っぱな思いついたここにたどりつくまで82話(◆第九章 Release 第5話「Release」)かかっています。
 これが書けた時の感動はえらいもんでした。

 思いついたスタートがその嫌い発言だったため、まずはぼんやりと「いじめっこ×いじめられっこ」という構想でした。
 でもほぼ同時に浮かんできたのはプール後に初めて無理矢理フェラを強要されるシーン……
 薄暗いシャワー室には塩素の匂いが強烈にしていて……鼻血とプールの水がまじって……鉄っぽい味が口に広がって……気管に、それらが入って咽せて……というイメージが映像で浮かぶ湧いてくる。
 だがしかし、いくらいじめっこでも、なんでもない男の子にフェラさせるって相当の勇気がいるだろうよ……齧られたらおしまいだし、下手にバレたら自分がそっちだって糾弾されかねないわけだし。
ーーという、現実的にどうなのソレという部分をいろいろ考えてプロットを作ったのがこの話です。
 なので、どっちかというと話をドラマチックにするために幸也をどんどん追いこんでいったという気持ちが強いです。


◆タイトルについて
 もともと「誰もその手を握らない」が第一候補だったと思います。
 握らないのか?握るのか?握る?握らない?「……いや、握るしwwww(エロで余裕で握るしwww)」という気持ちで急遽変更。
 

◆幸也の性格について&終わり方について
 元々穏やかで、優しく弱いくらいだった幸也が、周囲の助けと自分の努力でどんどん強くなりました。
 最終的には嫌な奴と思われかねない程の態度を見せます。
 賛否あるかもなぁ、と思って書いていましたが……自分の中ではあれ以外の答えがありません。

 自分を犯して様々な危険にさらしたクソ男を許すわけがない!
 思い出せば思い出す程腸が煮えくりかえるわボケが!!!!
 という普通に抱く気持ちを、幸也はあえて堪えながら冷静にぶちまけます。その冷静さが逆に加瀬にとっては凶器。
 一方で加瀬を怒りで罵倒することができない何かが幸也の中には存在しています。そんな終わり方です。

「きみの開けた穴は、彼からのプレゼントで埋まるんだ――加瀬くん、きみじゃない」
 この言葉は、結構早くに浮かんでいました。
 ダブルミーニングで(笑)、単純にピアスの穴という意味と、あっちの穴という意味があります。
 加瀬がこじ開けて開発していった穴も、全部岩嵜にもってかれるのです。っつーことです。
 うおー加瀬が不憫すぎて滾ってくる。



◆トシ先輩(笑)
 変態さと軽妙さを併せ持つ陽キャのトシ先輩。支持していただける方が多くて、嬉しかったです。
 実は、もっとヤンキーっぽくて(加瀬に近くて)他校の生徒をボコボコにしたりっていう、純粋ヤンキーで考えていましたが
 プロットが出来上がってみたら、自分で「昨今そんな化石みたいなヤンキーいるわけねーだろ!」という思いが沸いて止まらなくなり、純粋な喧嘩ヤンキーは加瀬と賢吾と他校の生徒だけになりました。
 トシ先輩はそこからマイルドヤンキーに舵を切ろうとして「マイルドヤンキーってマイルドすぎてパンチがねぇなぁ」という気持ちになりぶっとんだ陽キャにまで発展したのが濃いキャラになった理由です。
 頭からっぽな感じで、優しくも見えるけどそんなに情とか興味も無くて、楽しけりゃALL OK ★な様子が書いていて楽しかった!


◆じゅんぺーさん
 こいつが一番大出世です!当初「トシ宅で幸也を一緒になって犯すモブ」でしかありませんでした。
 しかし、大筋を深堀した時に「加瀬に、より一層深い嫉妬と決意と混乱が必要だ」という思いが芽生え、自殺未遂の前に一発入れたのが「淳平に呼び出されて女装」(71話 ◆第八章 歪んだ執着 第4話「セーラー服の女」)のシーンです。
 当時の活動報告にも書きましたが、えらい勢いで風景が浮かんでおりまして、キャラクターがどうのというよりも情景描写に力の入った話になっています(笑)。
 この「女装をさせて萌える」という変態さはトシには無かったので、そこに執着している部分を打ち出したことで十章でも大活躍です。きんもー★

 ついでに……淳平が幸也に女装させたシーン後の、強制ピアッシングは本来もっと後(化学準備室)にやる予定だったものですが、ただ女装した幸也を犯すだけではインパクトが無いのでここで実行しました。


◆大知(とユイナ)
 最後まで幸也の誘惑すら退けてノーマルを突き通した漢大知。
 加瀬が幸也とヤッてることに衝撃をうけたユイナとあの後付き合ってます。(すでに薬キメながら大知とエッチしてますが)
 大知の方がめろめろなので、ユイナは結構大知を雑に扱います。でも愛されてる感じがして、意外と嫌じゃないユイナです。
 今までトシとか加瀬とかみたいな、見目と立場だけがいいクズ男みたいなんばっかり好きになってたから、大知にはユイナを幸せにしてやってほしい。



◆町田先輩
 裏設定で……彼はずっと御影のことを見ています。それは後輩に対する気持ちだけじゃない部分で。
 しかし本人に自覚は無く、あくまで今まで付き合ってきたのも女性で(これからも女性でしょうが)ノンケだと思っています。
 だからこそ、本当は誰よりも先に幸也の視線になんとなく気づいていました。でも、そんなことはありえないと思っていた矢先に、幸也の事件が勃発します。
 その時の幸也への怒りと嫌悪は、もしかしたら御影本人以上のものがあったかもしれません。
 最初からその設定なので、なんとなく匂わせる描写はちょこっとだけ入れたりしていました。


◆賢吾
 漢気あって好きじゃ。←なんじゃそれ
 馬鹿なだけでホモじゃない。


◆岩嵜さん
 幸也が甘えて言う名前の響きは絶対「いわさきさん」だったのに、身近に「岩崎」がいるせいでそいつの顔が浮かんでしまい
 苦肉の策で漢字を、稀少なほうの「岩嵜」にしました。書き物する人あるあるやと思います。
 全体のプロット仕上げてだいぶ経ってからも、本当は岩嵜がトシとつながってた、とか何かの黒幕だった、とか
 色々悶々と考えて(悪魔が囁いて)いましたが、マトモな大人で終えられてよかったです。「ここにきての裏切りって安っぽい展開にしかならないなぁ」と思いました。
 もう、すでに幸也は加瀬に裏切られてますから、それ以上の衝撃もねぇだろうよという感じです。
 最終的には幸也と一緒に苦しみを分かち合う辛い立場にも置きました。岩嵜について、より深く掘り下げられたと思います。


◆加瀬について
 暴力と煙草と酒と女(と賢吾)だけが友達だった加瀬。実は容姿の描写で後半省きまくっているのがあります。
(絶対描写)グレーの瞳と髪、ダラッとした制服
(たまに描写して言及)ピアス、金色のネックレス
(最初だけ書いてその後不要と思って書かなくなった)黒い数珠みたいなブレスレット、同じ腕に時計
 脳内では当たり前に装着していたんですが、書いてもそんなにエロスも無かったので書くのやめました。
 家庭環境が悪く、そこから逃げる為に陽キャ軍団に入り浸っている寂しい子供という感じです。子供です、子供。
 フルネームの「加瀬 瑞希」は「加瀬」はただ響きだけでつけました。シュッとしてる、鋭いイメージの名前が良かったのです。
 んで、瑞希は「お前瑞希(みずき)っていう顔と態度ちゃうやん」というツッコミを入れるためにつけました。
 本人は女の子っぽくきこえるその名前を嫌っています。なので、周囲の人は誰も瑞希と呼びません。
 呼んだら明日が無いからです。


◆「幸也」の名前について
 この名前になった理由があります。本当は作中で言及する予定でしたが、その描写をすべてはしょりました。
 理由は「蛇足すぎる」と思ったからです。内容としては、こんな感じ。

→加瀬、紙に「幸也」と書いて、あることに気づく
 後日幸也を犯しながら嘲り笑い「こんなことされても幸せなんだろ!」と罵倒。意味がわからず呻く幸也。
 加瀬「てめーの名前、普通に見たら『幸せ』に読めんだよ、ウケる」言われて怒りが沸く幸也、もがいて加瀬に抵抗する。
 「ぼくの名前は、両親が大事に、一所懸命考えて付けたものだ!馬鹿にするのは許さない!」

 ハズカスウィィー!嗚呼蛇足。蛇足でしかない。一応、書いたら「幸せ」に読める、というのがポイントでした。でも、加瀬が幸也の名前を紙に書くか……?最悪書いたとしても、そんなんしてたら気持ちモロバレやないか……という気持ち悪い感じになりそうだったのでやめました。






◆(エピローグ)ゴブ
 真っ黒五分刈だからです。おやっさんが付けました。
 惰性でやる自動車解体なんかより、自分が「こうありたい」と思う姿を目指してがんばっています。

********************

そんな感じで書きつづけた六ヶ月でした。
一つの作品をやりきるのには、本当に時間と労力がいります。
死ぬまでには書きたいものを全部書ききりたいなぁー。


ここまで読んでいただいた方、おつきあい下さって本当にありがとうございました!
引き続き様々なものをうPしていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします!