読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下衆なマニヤの有神論

小説を書き続け(途中絶筆したが)十云年、自分の力が如何程のものか試したい。

【創作・小説】諦めた……(カクヨム)

【創作・小説】

カクヨムのなんたら大賞(ちゃんと読め)に名乗りを上げていたが、諦めた。

現在ざっくり5万文字まで書いたが、ちゃんと書こうと思ったら目指すべき10万文字がカスカスになりそうだ。なので、応募するのは諦めてちゃんと書こうと思う。

 

さて、スマホが無いという俗世間から隔離された状態がいまだに続いているわけだが、昨日カフェで手帳を開き、鉛筆ナメナメしながら「それが自分に何をもたらしたか」を考えていた。

スマホが無いと不自由だ。それは明らかである。

何が不自由かと言えば、自分の緊急事態の連絡が取れない&相手の緊急事態の連絡が取れない、ということだけだ。正直、ツイッターも良く分かっていない自分には大した問題ではなかった。

あとは、テレビも見ないので、意識してPCでニュースサイトを見ないと外界で何が起こっているのか分からないということも問題ではあった。

 

しかし、外界と遮断された「個」の世界のなんたる安寧!

ゆったりとした一人の時間に、対峙するのは自分だけ!時々ヤマト運輸

そこには気負いも嫉妬も無い。自分しかない。だから、自分の内を見詰めるようになった。

 

正直言って、スマホを持つ中で良く分からないまま勧められたフェイスブックやインスタグラムに登録してみて、まぁ色々楽しそうな事を自分も投稿したりしたが、あれは「楽しかったこと」を投稿するところだから、自分のテンションが下がっている時に他人の「楽しかったこと」を見ればストレスでしかない。

自分の「楽しかったこと」を公開するのと引き換えに得るストレス。そんなの必要なのか?

イイネ!が欲しいからイイネ!するなんてヨクナイネ!←寒い

 

あれを自分の生存確認の為に投稿するのもあるだろうが、生存確認をしたい程仲が良いなら普通に連絡取れば良くないか?

 

つーことで、またスマホを持つには持つけど、完全に用途を変えようと思っている次第。無駄な事で画面を見るのはやめる。

調べたいことのみにする。もうまとめサイトみない。←結局それ