読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下衆なマニヤの有神論

小説を書き続け(途中絶筆したが)十云年、自分の力が如何程のものか試したい。

書いた事を、書いて残そう

とうとう作ってしまった。小説書き専用ブログ。

自分は今小説を書いている。

今というか、四月二十二日から書き続けている。

普通に仕事をしているいい歳こいたヤロウだが、仕事が終わって帰宅してからファミリーレストランへ赴き午前三時まで書く。家ではあまり頭が冴えない。

 

内容は、ボーイズラブだ。

ボーイズラブが好きなわけではないが、嫌いでもない。ただ自分のツボが「苦悩」という時点で、障害が一つ足りないノーマルな恋愛はやや刺激が足りない。

ピンとこないものは書けないから、書けるものを書いていたらボーイズラブに行き着く。それだけの単純な話だ。

 

さて、四月二十二日に筆を(PCを)取るまで、執筆には十年超えのブランクがあった。そのブランクを乗り越えてまで書きたいと思ったのは、何度読んでも未だに面白さの衰えない夏目漱石の影響があった。

約百五十年の時を超えて、ここまで笑える、そして心から切なく、空しくさせる文章とはなんぞや!つーかなんだこれ!やっぱオモロい!神!漱石先生マジ神!

という気持ちが急遽蘇ってきて、自分がどこまでのものをどう作れる力があるのか、言いたい事が正しく表現できるのか、試したくなった。

書いていると、それを誰かに評価してもらいたくなる。

だが自分は友達がいないので()一人で推敲するしかない。別にいいけど……泣いてなんかない……。

ということで自分でしっかり推敲してから、プロに判断を委ねたいと考えている。

そう、投稿だ。

初めての事だから、どんな評価であっても真面目に受け止めよう。

そして、心が折れなければ、内なる炎が消えなければ、温めているネタをどんどん出していきたい。そう思う。

 

うん。とはいえ、まずはどこに投稿するか考えなあかん(´・ω・`)。

 

 

現在の執筆中作品「IM」

四百字詰め原稿用紙換算244P(79919文字)