読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下衆なマニヤの有神論

小説を書き続け(途中絶筆したが)十云年、自分の力が如何程のものか試したい。

【趣味】キーボードを持ち歩いて創作を進めとる

f:id:tora_kaibuntei:20170218012315j:plain

現在、最新のくそデカスマホを購入し、意気揚々と小説を書いている。

そもそもくそデカスマホを購入するか、むしろ最小限の機能しかないガラケーにしとくか悩んだ。

出張・宿泊が多いため、「①最小限ガラケー+ノートPC」「②くそデカスマホ+キーボード」というどちらかの組み合わせで持ち歩きたい。出来る事なら、相棒のノーパソを持ち歩いてやりたい。

ということで、推考した。

*************************************

【①の利点】

・ノートPCは2013年のVAIO Pro13なので、850gくらいで大きい割には軽い。

・やっぱり打ちやすい。最高に打ちやすい。

・多分ガラケーが安い

ガラケーなので多分バッテリーの持ちがいい

【①の欠点】

・ノートPCは軽いとはいえ、デカい。

・持ち歩きまくっていると破損がやや不安。

・ノートPCの充電ケーブルは仰々しい&そこそこの荷物になる。

ガラケーだと使えないアプリが多くなっている。

・電車内では作業しづらい

*************************************

【②の利点】

・とりあえずスマホであるので、電話ができる。なのに画面が大きい。(タブレットではできない芸当)

・トータルは①より軽い

・充電関連を交えてもコンパクト。

【②の欠点】

スマホなのに重い。腕がダルくなる。

・(当たり前だが)キーボードが完全に使いやすいわけではない。

・バッテリー切れが早い。

*************************************

 

ということで、考えた結果「②くそデカスマホ+キーボード」にした。

くそデカスマホは一旦置いといて、一応文芸的なブログであるため、今回キーボードを購入した感想や選んだ理由を書いていきたい。

 

まず、使用しているノーパソはVAIOである。なのでキーボードはあくまでもWINDOWSだ。その時点でiOS向けに作られているものはすでに除外になる。

次、ヨドバシで実物をじっくり見ながら色々触ったが、持ち歩きのできる二つ折りのタイプだと、折れた部分のキーが「左側に寄って、デカい」とか「右側に寄って、デカい」という仕様になってしまっている。

その時点で自分は打ちにくさにゲンナリしてしまった。

ペラペラのタイプも持ってみたが、意外と重く、打鍵感が少ないため、指が痛くなる事が考えられる(テーブルなど、台の上を叩くことになる)。

ということで色々見た結果、

3E-HB066に決定。

これは三つ折りなんだが、トランスフォーム具合が爽快である。シャキーンとキーボードになる。

その割には、キーの配置にズレがない。そして打鍵感もしっかりある。

そして、キーボードを持ち歩く時のケース(と言う名の巻くもの)がタブレットスマホ立てになる。

ケースがスマホ立てになる!というのは、二つ折りなどでも結構あったが、正直プラスチックの昔のカセットケースのような感じで、安っぽかった。これの質感は合皮で高級な印象があり、非常に好感が持てる。

 

添付の写真にもあるが、HB066の上位互換としてBKY1というのがあるのだが、そちらはそもそものキーが多い&キーの後ろがLEDで光る、というタイプ。だがHB066よりも100g重い!ここにきて軽さは重要である。なにせ、スマホがくそデカだから。

 

ということで実際使ったところ、Bluetoothの接続も簡単にできて、しっかりと打ち込めたが、いくつか問題が。

■ENTERが小さい

VAIOに慣れてるからというか、普通のキーボードに慣れてたら大概ENTERが大きいと思うのだが、あくまでも持ち歩き用のコレはENTERが小さい。多少矢印を小さくしたとしてもENTERが大きい方がよかった。

あと、クセもあると思うが自分がENTERを押す位置にENTERがいない。押したつもりが、押していない。決定したかった漢字変換がピコッと変更されてしまう。

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは ENTERを押したと思ったら いつのまにか↑を押していた」

な…何を言っているのかわからねーと思うが、 俺も何をしたのかわからなかった…頭がどうにかなりそうだった

誤変換だとか打鍵ミスだとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

というポルナレフ状態。この状態は、指の定位置をキーから離せば離すほど悪化する。ノーパソのように普通に手を離していると、完全に間違え続けることになるため、手をほとんど定位置から動かさないやり方にシフトしたところ、そこそこの感じでできるようになった。

 

Googleドライブのwardの編集がおかしなことになる。

ドライブにデータをUPしといて、それをそのまま「Ward文章」として弄り始めると変換がおかしなことになる。これが発覚した時は、打開策が見つかるまで相当イライラした。

どうなるかと言うと、例えば「これが発覚した時は、打開策が見つかるまで相当イライラした」と書こうとした時「これが(ENTER)はっかくした(スペース※変換)→発覚した」と正しく変換されても、その後カーソルは何故か星の位置「★発覚した」に戻るのである。

「だかいさくがみつかるまで→★打開策が見つかるまで」になるから、そのまま言葉を打ち続けると「そうとうイライラした打開策見つかるまで」になる。めっちゃ腹立つ。

多分、これはGoogleドライブの仕様なんだと思うのでキーボードが悪いわけではない(多分)。

<結局>Wardデータを変換していじれば大丈夫でした。

 

しばらく弄ってコツをつかめてきたら、結構普通に使えるし自分としてはこれを買って良かったと思う。バッテリーの持ちもいい。

初めて携帯キーボードを買ったわけだが、どのくらい持つものなのかちょっと楽しみだ。これで、やはり時間を逃さず創作していきたい。