読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下衆なマニヤの有神論

小説を書き続け(途中絶筆したが)十云年、自分の力が如何程のものか試したい。

【創作・小説】秋めいてきた。しかし都内では蝉が鳴く。

【創作・小説】

本日、東京出張で都内へ移動。歩いていて気付いた。また蝉が鳴いておる……!!!なんてこった!

自分の住む関西では吹く風がすでに秋モードに切り替わっており、それに引きずられるように大人しくなった太陽のやる気のなさったらない。オラオラ系だったお前はどこへ行ったのか。遠い夏の陽に思いを馳せる。

(あっ!太陽を見る時は直接見ちゃいけないよ!良い子の約束だよ!あいつは四季問わず網膜をぶっ殺しにかかってくるからね!)

暑かったなぁ、関東。

今回は日帰りにしたので、相棒を持って行かずスマホと手帳にネタを書き留めてきた。

帰り、新宿に寄ったが家電を冷やかして、SWファーストオーダーのタイファイター買って帰ってきた。何やっとんじゃ自分。